美肌作りは心のエステから

 H O M E

私が聞いたちょっと良い話  あなたの心のサプリメントに

                                                               
◆美肌作りのための基礎知識
◇ホームエステ
1クレンジング
2洗顔 3すすぎ
4ゴマージュ(ピーリング)
5化粧水 6乳液・クリーム
7パック
◇シ  ミ
◇シ  ワ
◇赤み・がさがさ・痒み
◇ Q  &  A

◆私が試したおすすめ
 基礎化粧品
◇ホームエステ
おすすめ基礎化粧品
◇シミシワ
おすすめ基礎化粧品
◇赤みガサガサ
おすすめ基礎化粧品
◇UVケア
おすすめ基礎化粧品
◇アンチエイジング
◇自然派化粧品
◇スターターテストレポート

◆基礎化粧品メーカー 一覧
 価格比較


◆スターターキット/トライアルセット 一覧
  (肌質・悩み別)


◇筆者紹介&サイトポリシー
◇ちょっと良い話
◇美肌作り教室の掲示板
◇私のブログ


 

 

 

 

経営者の視点に立つ!


ビジネスでは常に相手の立場で考えてみることが大切だ。
顧客の立場、取引先の立場に立つことの大切さは自明のことだろう。

相手の視点にたって考えるというと、相手の悩みや望みに共感するという視点で使われることが多いが、ときには経営者や社長の視点にたって広い視野で物事を考えてみるといい。

経営者として考えると、自分の目先の仕事だけでなく、社員のこと、市場環境、コストなど様々なことに目を向けることとなる。
ミッションを理解し、長期的な視点で売上げをつくる戦略を立てられなくてはならない。

仕事をするときは、「もし自分が最高責任者だったらどうするだろうか?」と自問しよう。
経営理念と一致しているか?収益率は?10年後、20年後はどれくらいの規模にするか?
一社員の立場からは想像もつかなかった検討事項が次々とわいてくるはずだ。
社長の立場にたって考えてはじめて、社長が社員の要求と会社の収益性のバランスをとりながら、困難な決定をくだすために日夜努力していることを発見するだろう。

なぜなら、「自分の成長」だけでなく、「顧客の満足」と「会社の成長」を考えるのが経営するということだからだ。

経営者の立場にたって物を考える習慣は、責任感のあるリーダーやマネジャーに成長する時の助けになるはずだ。



株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン





ちょっと良い話のトップページへ>>