美肌作りは心の安らぎから

 H O M E

私が聞いたちょっと良い話  あなたの心のサプリメントに

                                                               
◆美肌作りのための基礎知識
◇ホームエステ
1クレンジング
2洗顔 3すすぎ
4ゴマージュ(ピーリング)
5化粧水 6乳液・クリーム
7パック
◇シ  ミ
◇シ  ワ
◇赤み・がさがさ・痒み
◇ Q  &  A

◆私が試したおすすめ
 基礎化粧品
◇ホームエステ
おすすめ基礎化粧品
◇シミシワ
おすすめ基礎化粧品
◇赤みガサガサ
おすすめ基礎化粧品
◇UVケア
おすすめ基礎化粧品
◇アンチエイジング
◇自然派化粧品
◇スターターテストレポート

◆基礎化粧品メーカー 一覧
 価格比較


◆スターターキット/トライアルセット 一覧
  (肌質・悩み別)


◇筆者紹介&サイトポリシー
◇ちょっと良い話
◇美肌作り教室の掲示板
◇私のブログ


 

 

 

 

「失敗の意味を考える」


ある日、エジソンは彼のもっとも有名な発明である白熱電球について、若い記者から
こんな質問を受けた。「電球を完成させるのに一年以上も実験し、五千回も失敗したそ
うですが、そのときはどういうお気持ちでしたか?」

 エジソンは記者の顔を見て、こう答えた。「五千回も失敗した? そんなことはないよ。
うまくいかない五千通りの方法を発見するのに成功したんだからね」
エジソンは、失敗を成功への布石と考えて努力を重ねた。週に百時間以上も働き、世界
史上もっとも多くの発明をし、生涯に千を超える特許を取得したことで知られている。
また、十九世紀末に設立したエジソン電気照明会社は、ゼネラルエレクトリック (GE) 
という世界最大の総合電機メーカーにまで発展した。

 自信を持ち続けるうえでもっとも重要なことは、失敗を前向きにとらえることだ。失敗した
からといって失敗者ではない。失敗の代償とは、成功の価値を理解するための「授業料」
なのだ。何かに挑戦すれば失敗するのは当然である。
失敗したことが一度もないとすれば、失敗するだけの価値があることに挑戦していない証し
である。本当の失敗とは、挑戦するのをあきらめることだ。

 失敗しても絶望してはいけない。失敗は一時的な回り道にすぎず、さらに前進するための
起爆剤なのだ。

 失敗への恐怖が、行動を起こすうえで障害になることがある。過去の失敗を思い出すと、
怖くて前進できなくなるのだ。しかし、後ろを振り返ってはいけない。

 目標を達成できなかったときは、エジソンと同じように「うまくいかない方法を発見するの
に成功した」と自分に言い聞かせるといい。失敗を重ねるたびに、うまくいく方法の発見に
近づきつつあると考えるのだ。勇気を出して失敗する人だけが、成功をおさめることができる。
失敗の割合を二倍に高めるといい。そうすれば経験が二倍に増え、障害を乗り越える知恵が
得られる。



株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン





ちょっと良い話のトップページへ>>