美肌作りは心のエステから

 H O M E

私が聞いたちょっと良い話  あなたの心のサプリメントに

                                                               
◆美肌作りのための基礎知識
◇ホームエステ
1クレンジング
2洗顔 3すすぎ
4ゴマージュ(ピーリング)
5化粧水 6乳液・クリーム
7パック
◇シ  ミ
◇シ  ワ
◇赤み・がさがさ・痒み
◇ Q  &  A

◆私が試したおすすめ
 基礎化粧品
◇ホームエステ
おすすめ基礎化粧品
◇シミシワ
おすすめ基礎化粧品
◇赤みガサガサ
おすすめ基礎化粧品
◇UVケア
おすすめ基礎化粧品
◇アンチエイジング
◇自然派化粧品
◇スターターテストレポート

◆基礎化粧品メーカー 一覧
 価格比較


◆スターターキット/トライアルセット 一覧
  (肌質・悩み別)


◇筆者紹介&サイトポリシー
◇ちょっと良い話
◇美肌作り教室の掲示板
◇私のブログ


 

 

 

 

達成感を得るコツ

大きな目標を達成するためにすべきこと

仕事をする上で、要所要所で達成感を得ながら進めることは、やる気を維持するためにもとても大事です。
 その達成感を得続けるためにはどうしたらいいのでしょう?
私は、まず長期目標を設定し、そこから逆算して毎日やるべきことを実行していくことだと思っています。
「千里の道もー歩から」とか「ローマは一日にして成らず」と言われます。 大きな成果を出すためには、まず大きな長期目標を決め、それに向かって一日一日努力していかなければなりません。
 しかし、目標から逆算して一日一日のやるべきことを決めないと、目標としている期限内ではその目標は達成できないでしょう。
たとえば、私は10年間で100冊の本を出版するという目標を立てました。そのためには、1年間で10冊以上の本を書かなければならない計算になります。
 そうすると、1カ月に1冊書いていけば、いいことになります。
 ところが、本業のコンサルティングのビジネスだけで殺人的に忙しいのです。作家でもない私が、1カ月に1冊書くというのは、実は相当過酷な作業で、「自殺行為」となります。
なぜ自殺行為かといいますと、1冊の本は普通200ページほどありますから、1日平均7ページ分くらいの原稿を書かなければならないからです。
つまり、私は書くのが異常に遅いのです、1ページ書くのに、20分くらいかかり、7ページ書くためには、単純計算すると、2時間半の時間を費やさなければならないのです。
 今の私には、そんな時間はありません。そうするためには、睡眠時間を削るしかないのです。したがってそうせざるを得ません。
そんな生活がきつくないといえば嘘になります。
でも何が何でも10年間で、100冊ペースで本を出版するという目標を決めたのです。
周りの人からは、「そんな無謀な目標は、早死にするからやめた方がいい」と忠告され続けています。
でも、長生きして中途半端な目標を達成するくらいなら、早死にしてもいいので、大きな目標を達成した方が、本望だと私は思っています。

 なぜ私はそんな無謀な目標を決めたのでしょう?
 実は私は昔から国語、特に読書と作文が大の苦手だったのです。学校での国語の成績は5段階評価で、いつも1か2で、クラスでもビリを取り続けていました。
ですから、苦手なことに挑戦したかったのです。
私のような国語のできない人でも、本を書き続けられることを知ってもらいたいのです。
誰でもその気になれば、本を書けることを証明したかったのです。世の中の一人でも多くの人に、本を書いてもらいたいと願っています。
 今1カ月に1冊の本を出せているのは、毎日平均7ページの原稿を書いているからなのです。それは、毎日の戦いです。
毎日書き終えた時の達成感は最高です。「今日もやれた! 明日も頑張ろうー!」という気持ちになります。

長期目標から逆算して毎日その日にやるべきことを実行するだけで、どれだけやる気になり、どれだけ大きな目標が達成できることでしょう! ぜひいっしょに挑戦・体験してみませんか。

長期日標から逆算して今日やるべきことを実行する


「人の話には集中!答えを考えながら聞かない」

きみは人の話を100%集中して聞いているだろうか?

「どうすれば解決できるだろう?」
「どんなアドバイスができるだろう?」
「どう答えればバカに見えないだろう?」
そんなこと考えながら聞いているなら、それは「聞いているつもり」でしかない証拠だ。

「本当に聞く」とは、自分の考えはわきにおいて、相手の考えを100%自分の頭にいれること。
実際にやってみると難しいかもしれないが、ぜひトライしてほしい。
なぜなら、会話の基本は「聞く」ことにあるからだ。

会話上手というと「話すこと」に意識が向きがちだが、意見をぶつけ合うのは、会話ではない。
相手の意図や考え方を上手に探り出して共通認識を見つけていくのが会話だ。
会話上手を目指すなら聞くスキルを磨くことが第一なのだ。

まずは、自分をまっさらにして相手の話を聞く訓練から始めよう。
集中力がとぎれがちになって目も泳いでいるようではまだまだ。
あらゆる邪念は脇において、まずは集中!


株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン





ちょっと良い話のトップページへ>>