本文へジャンプ
          

 

  美肌と基礎化粧品の「美肌作り教室」



 美容のことや色々な事を思いつくままに


    2008年 12月


2008年12月26日
大活躍

今年も終わろうとしている。

それぞれが、それぞれの思いを抱え、今年を振り返り、来年も良い年であるように祈る。

今年は正月早々の父の入院から始まり、父が亡くなり、退社をし、そして念願の自分のサロンをオープンした。

何と目まぐるしい日々であったことか・・・。
忙しい日や暇な日や日替わりメニューの如く、一喜一憂の繰り返し。

そんな年が終わろうとしているが、様々なシーンで私を支えてくれた友人や恋人、家族に心から感謝している。

そして何よりも、私の至らない面も多々あっただろうに、このサロンを気に入ってご来店下さった数々の お客様に本当に頭が下がる思い・・・。

全ての人に支えられて生きている事に「感謝」

来年も何が あっても前向きに生きて行こうと思う。

様々な不景気なニュースばかりだけれど、生きてさえいれば何とかなる。

斉藤一人さんも言っている。
「生きているのが、つらくなったなら息をとめてみな。息が出来る事、生きていることに感謝の気持ちが沸いてくるから」

今日の写真は先日 大山崎に行ったときの駅前のイルミネーション。

直線上に配置

2008年12月26日
大活躍

今 大忙しの豚の加湿器。
スイッチをオンすると鼻からモウモウと蒸気が出るしくみ。

何とも形が可愛らしくて滑稽で 大のお気に入り。

今年 サロンをオープンする際にお世話になった知人に同じ物をプレゼントしたら、しばらくして写真を送って来てくれた。

何と飼い犬のプードルと この豚ちゃんが一緒に鎮座ましまししている写真。初めは、この豚に吠えて焼きもちを焼いていたプードルが、いつしか大の仲良しになったそう。

暖房の中で湿度が下がると確実に風邪を呼び込むので加湿器は必需品。
それよりも美肌作りのためには絶対に湿度は必要!

直線上に配置


2008年12月19日
インフルエンザ

先日、まつげパーマに来店された方がマスクをしていた。
それは気にもとめなかったのだけれど顔を触ると火のように熱い。
「熱がおありでは?」と聞くと「いえ熱は下がりました」と答えられゴホゴホ咳こんでおられる様子。
反射的に「風邪がうつる」と感じた私は即、自分もマスクをしたが時すでに遅し・・・・。

その日の夜から体調が変になった。寒気となにやら微熱まで出ている。
風邪だけはひかない妙な自信があったのに、あの方の風邪は強烈だったのだ・・・。

でもいつも一日寝れば治るさ・・・そして翌日 微熱は続き、でも仕事が入っているので休むわけにはいかず 何とかその日は終了し、帰りに薬局に寄り「ひきかけの風邪によく きく薬を下さい」と言うとカコナール二日分を渡され、家に帰り そのクソまずい薬を飲んで早く寝た。

さて翌日 相変わらず微熱が続き、もう体力的に限界だと思い仕事を任せて
早退し 夕方から近くの病院の診察を受けた。

母がいつもお世話になっている若くて物腰の柔らかい私の大好きな先生だった。
私・・・「先生、お願いがあります。風邪だと思うので今日中に治す薬を下さい!」

先生・・「僕もお願いがあります。早く治したい お気持ちはよくわかるのですが その前にインフルエンザの可能性もあるので検査をさせて下さい」

私・・・「インフルエンザ?そんなもの私には無縁です」

先生・・・「??簡単な検査ですから是非させて下さい。5分で終わります」

待つこと10分・・呼ばれて再度診察室に入ると開口一番、「インフルエンザです」

えぇ~!!あの顧客は風邪ではなくインフルエンザを持って来たのか・・・・

先生は感染力が強いので仕事に出ない方が良いと言われ、私も お客様にうつしてはとんでもないので それから3日間は自宅謹慎。

インフルエンザってマスコミでとんでもなく怖い表現をしているけれど実際に自分がかかってみて 早期発見早期治療さえすれば、こんな楽な病気はないと実感。

だって薬さえ飲めば翌日から熱は下がるし何でも食べられるし、注意しなければいけないのは人にうつるので外に出られない事だけ。

盆と正月が一度に来た如く 食っちゃ寝~食っちゃ寝~の一日ゴロゴロさせてもらい太った位だ。

今日で5日目なので もう菌はほぼ完全に死んでると見て出勤したが
風邪で具合が悪くなったら 本当に早期診察を!!!
日をおけば置くほど 具合が悪くなるので早めに診察を受けるべし!

今日の写真は食っちゃ寝~で退屈している時に夕焼けがきれいだったので
思わずカメラに。

直線上に配置


2008年12月12日
キレイになる言葉

美しくなる為にエステに通ったり、サプリを飲んだり、注射を打ったり、様々な努力をしている女性は多い。

でも自分から発する「言葉」によってキレイになるかキタナクなるのかを知っている女性ってどれくらいいるのだろう?

人は言葉によってコミニュケーションをとっているけれど、自分の発した言葉は相手にだけ届いているのだろうか?

答えはNO!
自分の発した言葉は相手と「自分」に届く。

「ありがとう」「きれいになったね」など誉める言葉から
「むかつく」「大嫌い」「あいつは駄目」等の否定的な言葉。

その言葉は口から発すると自分の耳から脳に届く。

相手に向かっていったはずが、恐ろしいことに自分も聞いていて知らず知らずに、その言葉が自己暗示のように自分を変えていく。

まさしく自分の言った言葉は自分にハネ返ってくる。

文句ばかり言っている人は「文句顔」になり、いつも心配ばかりしている人は「心配顔」になる。まさしく言葉がその人の表情をつくる。

キレイになる為に どんどん美しい、きれいな言葉を使い相手を幸せにしよう。言わなきゃ損!

この美容法は一切 お金がかかりません。

直線上に配置

2008年12月7日
本物オーガニック

その名も「サワーチェリーマスク」イルチのパック。

封を開けると、あの甘酸っぱい、それでいて甘みのある香りが漂う。

フェイシャルのお客様が一番好き!と言われるこのパック。

ほのかなチェリーの香りに包まれて至福のひととき。

さくらんぼのツブツブが そのまま入っているので食べたくなる。

パックが終われば、まるで肌が サクランボを食べたようにプリプリ!

アロマアロマと言われているけれど、本物のオーガニックのコスメには

原材料の香りが強く残されており それが又 使う都度 私たちの疲れた

心と肌を癒してくれる。

何を隠そう、これは私も一番愛してるパック。

化粧品に興味がある方は是非 私のホームページを覗きに来てね http://www.i-esthe.com美肌作り教室

エステサロンのページです http://www.sora-kyoto.jp/エステサロンSORA
直線上に配置



2008年12月5日
石膏パック

何だかオドロオドロしい光景・・・これが石膏パックの残骸なり。

クレンジングで素肌をクリアにした後で肌に必要なパックやクリームを全体に、しっかり塗布した後で、この石膏パックを素早く塗布していく。

これぞ、まさに塗装技術!私は、その方面の才能は全く無く、いつも出来上がったのを見ては下手だなぁ~と思いつつも又 次の方をしても相変わらずヘタクソ。

これはマリアギャランというメーカーのもので、塗布後すぐにグングン温度が上昇し最高で42度となる。

温度上昇につれベースに塗布しているクリームやパックが肌の奥まで浸透し出来上がりまで待つこと25分。

石膏パックを取った後の皮膚は、それはそれはピンク色のツヤツヤ肌で本当に頬ずりしたくなる位 ひとかわむけたような、きれいな肌に生まれ変わる。

懐古の昔からあるパックだけれど今 又 注目を浴びている。
時が経っても本当に良いものは受け継がれていく。

一度体験した人は必ず、このパックの魅力にとりつかれてしまう様子。

石膏の残骸に名前を書いておこうかな?
顔の大小・・・結構ハッキリ出るので お客様は捨ててほしいそう。

私は、してくれる人がいないので残骸が無いけれど、きっと一番デカくなること間違いなし。

直線上に配置